2019年度のカナダ・ワーキングホリデーについて

 

申請条件

(以下カナダ政府CICサイトより参照)

日本国籍を保有していること

申請時の年齢が18〜30歳までであること

→IEC Pool登録時に30歳を超えなければ大丈夫。

カナダ滞在期間をカバーできる有効なパスポート

→申請前に有効期間が近づいている場合は、まずはパスポートの更新を行うことが望ましい。

入国時に最低2500カナダドル相当の金額を保持していること

→カナダ国内での最低限の生活費をカバーできることの証明。

滞在期間中をカバーできる海外渡航保険に加入していること

カナダへの入国が認められている者

→犯歴がある者などは一般的にカナダへの入国が認められていない。ワーホリの申請は出来ないが、Temporary Resident Permitで入国することは可。

出入国用のチケットが準備されている、又は出国用チケットを購入出来る資産の証明

→片道チケットのみでも可能だが、資産額を出来るだけ多く持って行くと良い。

扶養家族が同伴しないこと

ワーホリ申請前にカナダ国内の雇用主に雇用されていない・オファーをもらっていないこと

→オファーを貰って雇用の手配がある場合は、Work Permitの申請になる。

 

必要書類

証明写真

縦横サイズ420×540の証明写真が必要です。

パスポート

パスポート番号、顔写真ページ、画像と出入国スタンプのあるページのデータになります。

家族情報

schedule 1【IMM5707E】を記入して提出します。

個人識別情報(バイオメトリクス)

今年度のワーホリ申請から個人識別情報(バイオメトリクス)が必要になりました。

バイオメトリクスに関する情報は、以下の記事をご参照ください。

【2019年1月最新版】今年度からカナダ・ワーホリでバイオメトリクス(個人識別情報)が必要になりました!

 

追加書類

犯罪経歴証明書

→過去に該当する国へ一定期間滞在したことのある申請者は、犯罪経歴証明書を求められる。

健康診断証明書

→犯罪経歴証明書と同様に、任意の国へ行ったことがある申請者は健康診断を受ける必要がある。

カナダ政府指定の病院で健康診断を受け、そのまま診断結果がカナダ政府へ送られます。